不用品回収サービスを利用するタイミング

奈良市や橿原市で引越しによる不用品回収をお考えなら

不用品回収サービスを利用するタイミング。奈良市・橿原市で不用品回収なら当社へ。

使わないものを処分しようと思いながら、何年も経ってしまったという経験はありませんか。引越しや家具の買い替えというのは、そう何度もあるものではなく、処分するタイミングを逃してしまいがちです。
必要なものとそうでないものを分け、不用品回収サービスを利用するのに適したタイミングをご提案します。

収納スペースに入らなくなったとき

1つめは、収納スペースを基準に処分するものを決める方法です。「雜誌は本棚に入る分だけにして、入らなくなったら処分する」「洋服はクローゼットに入る分だけ持ち、それ以上になったら処分する」など、収納スペースを基準にすることで、処分するタイミングがつかみやすくなります。

一定の期限が過ぎたとき

2つめは、期限を定めて処分する方法です。例えば「三日坊主」「石の上にも三年」などといわれるように、昔から3のつく数字は、人が飽きずに物事を継続できる目安とされています。3年経ってもまだ使われていなければ、今後も使う可能性は低いはずです。その年数は、人によっては1年かもしれません。とりあえず取っておいたものは、一定の期限を過ぎたら迷わず処分するようにしましょう。

好みに合わないと感じたとき

好みに合わないと感じたとき

ライフスタイルの変化によって、人の好みや価値観は変わっていくものです。今の自分の趣味やセンスに合わないと感じたものは、思い切って処分しましょう。そうすることで、今の自分に必要なものが自然と手元に残ります。

現在の生活に必要ないとすぐに判断できるなら、不用品候補です。家具や雑貨も、お部屋のテイストに合うものだけを残すと良いでしょう。

季節の変わり目

季節の変わり目は、衣替えをしたり、家電や寝具の出し入れをする時期です。そのついでに、しばらく使わなかったものを探して処分しましょう。季節ごとに新しいものを買い足していると、不用品はどんどん増えてしまいます。

「1つ買ったら1つ捨てる」など、自分なりのルールを決めておくのがおすすめです。冬から春にかけて行われる引越しは、不用品をまとめて処分する絶好のタイミングです。重い家具や家電は、不用品回収サービスを依頼して早めに処分しておきましょう。

奈良市や橿原市で不用品回収なら長澤運送へ

奈良市天理市、大和郡山市などの地域で引越しによる不用品回収を依頼したいとお考えでしたら、当社にお任せください。奈良市・天理市・生駒市橿原市など、奈良県全域で不用品回収を行っております。

奈良市や橿原市で不用品回収なら見積り無料の当社にお任せください。

大きな家具から小さな生活用品まで、あらゆる不用品を迅速にお引き取りします。
お見積りは無料ですので、当社の不用品回収サービスを是非ご利用ください。

長澤運送株式会社 概要

会社名 長澤運送株式会社
所在地 〒632-0063 奈良県天理市西長柄町638番地
電話番号 0743-66-1178
FAX 0743-66-1340
URL http://www.nagasawa-unso.com/
業務内容 一般貨物運送、軽貨物運送業、利用運送業、引越荷造運搬業、遺品回収業、産業廃棄物収集運搬業、ハウスクリーニング、リフォーム
説明 奈良市や橿原市などで遺品整理をお考えなら奈良県天理市の長澤運送株式会社にご相談ください。生前整理・不用品回収なども承っております。

↑ページトップへ

長澤運送のこだわり

当社はお困りのかたに対して親身になってお手伝いさせていただきます。

自分では出来ない、頼める人がいない...

  • 高齢者の方
  • お身体の不自由な方
  • 単身者
  • ご夫婦だけの方

当社は運送業のかたわら、地域の皆さまにお役に立てる仕事を積極的に行っています。
経験豊富な当社の専門スタッフが親切丁寧にお手伝いしますので、一度ご利用下さった皆様には、繰り返しご利用いただき、大変喜んで頂いています。

ご依頼いただく作業の一例

  • 力仕事(家具移動・部屋の片づけなど)
  • 高い所の作業(電球の交換など)
  • 整理や掃除(部屋・倉庫など)

その他、お困りの事があれば何でもご相談ください。

写真

長澤運送の社会貢献

当社のちょっぴりエコ活動 幸せのおすそわけ

東北被災者・熊本被災者への支援活動

当社は奈良災害支援ネット(NPO団体)の協賛企業として、東北・熊本で被災されて奈良に来られた方への生活支援のボランティアを行っています。
近隣の皆様のご厚意で頂いた貴重な物資を集めて届けています。

※支援物資の中に遺品回収物は含みません。

たくさんの感謝のお便りを頂いています。(写真をクリックすると拡大します。)